無痛治療についてpainless

「痛い」歯科診療は昔の話、現代の歯科診療は「痛くない!」

歯医者の好きな人に私はまだお目にかかったことがありません。多くの方が、虫歯治療のために、多少の痛みは仕方ないとあきらめて治療を受けていらっしゃいます。でも、痛くない虫歯治療はもはや当たり前。安心して御相談ください。

麻酔はしてほしい…でも麻酔をするのがまた痛い…

歯が痛いから歯医者に来るのに、そこでさらに痛い目に遭うなんて理不尽です。
当院では、患者さまに「痛みを感じさせない」ことに力を注いでいます。繊細な歯の神経に触りそうな治療の前に麻酔をするのはどこの歯科医院でも同じですが、当院ではその前に麻酔注射を打つ部分に表面麻酔をします。その後麻酔注射をするので、痛みを最小限に治療を終えることができます。

表面麻酔はシールをペタッ

よくある表面麻酔の方法に、麻酔の注射を打つスポットに表面麻酔剤を塗布するやり方があります。当院では、このほかに麻酔剤の染み込んだシールを貼る方法も実施しています。シールによる表面麻酔を実施している歯科医はあまり見られませんが、実際にこの方法で麻酔をした患者さまへのアンケートで「痛みを感じなかった」という答えが大多数。「とにかく痛いのはイヤ!」という方には絶対おすすめの麻酔方法です。

痛みのない治療のために

表面麻酔だけでなく、麻酔液注入の際、薬液を人肌程度に温めることで注入時の不快感が激減します。また、極力細い注射針を使用することでも痛みは軽減されることがわかっています。

これからは「痛くない歯科診療」がスタンダード

麻酔の技術も日々進化しています。当院では患者さまの声を聞きながら、より痛みのない治療をするよう心掛けてまいります。
痛みに強い人、弱い人…。痛みに対する感覚はさまざまです。

  • 歯医者ガイドに掲載しております。
  • EPARK 歯科 ネツ卜予約受付中